サイトメニュー

最も定番化した美容整形

男性医師

気軽に出来る美容整形

二重整形には、半永久的なものと永久的なものの二種類があります。その為、クリニックによって、施術方法も様々です。費用を軽くしたい、メスを入れるのが怖いなどと感じる方には、瞼を切らない半永久的な埋没法というものがあります。埋没法の施術方法は、体内には溶け出さない医療用の糸を瞼の皮下で縫い合わせます。元々の瞼の重さや二重ラインには個人差があるので、それによって医師は止める箇所の数を判断し、提案します。埋没法は、基本的に永久的には続かず、2年程で元に戻ると言われているのですが、稀にそのまま継続するパターンも存在します。また、もし万が一、元に戻ってしまった後、また施術したいという方でも、プランやクリニックによっては一生保証付きのものがあるので、無料で再度施術をすることが可能です。費用や技術などはもちろん最優先することですが、そういった点でも、クリニック選びで重要なポイントになってきます。費用や痛みにこだわらず、永久的に二重を継続したいという方には、切開法というものがあります。切開法の施術方法は、希望の二重ラインに沿って切開していきます。切開するので、埋没法に比べると、ある程度無理をしたラインで施術することが出来ます。また、埋没法で元に戻ってしまうという方が切開法に切り替えるパターンも少なくありません。余分な脂肪や皮膚を摘出してから切開していくので、その他の目元の悩みも改善されます。二重整形は、費用も安く、痛みも軽い為、手軽に出来ると定番化している美容整形の一つです。また、DT期間(ダウンタイム期間)と呼ばれる施術後にばい菌が入って膿むのを防ぐ事や、腫れが引いたときにより綺麗に仕上がる為に様子を見る期間が比較的短くバレにくいことも、人気な理由の一つです。費用相場は二重切開法だと、10?50万程、二重埋没法だと、3?30万程だと言われています。クリニックや地域などによっても違い、費用が安い、無名のクリニック=技術が低いとは限らないので、慎重にクリニックを選ぶ必要があります。また、切開法や埋没法と言っても、もっと掘り下げて言えば施術方法はたくさんあるので、それによって費用が大きく異なります。しかし、やはりネットや口コミで調べた情報より、もっと自分に合った施術方法や、費用などについても直接医師と相談することができるので、積極的にカウンセリングに行って見るべきでしょう。DT(ダウンタイム期間)は、二重切開法だと1週間で抜糸し、その日からお化粧をすることが可能です。1か月程経てば、ほとんど完全に腫れが引きます。二重埋没法だと、2?3日で内出血や腫れがほとんど引き、痛みもなく、お化粧や長時間の入浴も可能です。1週間程で完全に腫れが引きます。

Copyright© 2018 クリニックで二重まぶたを手に入れる【一重を解消するなら】 All Rights Reserved.