サイトメニュー

目元の印象を変えたい

目元

手術を受ける理由と申込

顔の中で、眼はその人の印象を決めるパーツと言えます。顔の中心にあるパーツであることや感情が眼に現れやすいためです。日本人の多くが一重まぶたあるいは奥二重です。芸能人の整形前の写真が一重まぶただったという話が、けして珍しくないのはある意味当然といえます。芸能人の多くが眼を整形しているのは、外見や人気が仕事に影響するためですが、それだけ眼を整形するだけで、印象がガラリと変わってしまうことが分かります。芸能人に限らず、一般人の女性でも二重まぶたに整形してもう少し瞳を大きく見せたいと考える人は少なくないようです。最近では、女性だけではなく営業などサービス業や接客業に従事する男性が眼を二重まぶたに整形する人も珍しくないと言います。営業職は、第一印象が営業成績を左右することは言うまでもありません。一重まぶたによって、眼が怖いとか近寄りがたいといった印象を抱かれがちな人が、より親しみやすくソフトな印象に変えるために整形するようです。アイプチやマスカラやアイライナーなどを使ったアイメイクで二重にしたり眼をより大きく見せたりする女性もいますが、朝のメイクの手間を省きたい、すっぴんでも自信を持ちたいと考え二重まぶたに整形する人も少なくないようです。二重の整形手術を受けると決めたら、どのような流れで申し込みをするのでしょうか。一般的な美容外科クリニックの例に見ていきましょう。整形手術を受ける前に、医師や美容カウンセラーとカウンセリングを重ねます。その中で、なりたいイメージの確認や手術の際の不安点などを解消することになります。そして手術を受けることを決めたら、申し込みになります。後日、手術を受ける場合は、日時の予約を入れることになります。当日に申し込みをしてその日に手術を受ける場合は、手術申込書に記入して申し込みの手続きをします。なお、未成年者が手術を受ける場合は親権者の同意書の記入も必要になります。手術申込書に記入をしたら、料金を支払うことになりますが、支払いの際にシャチハタ以外の認印が必要になります。美容整形は、保険が効きません。例えば、完全埋没法による二重術で両目を手術した場合、87480円となっており料金を一括で支払うのは難しいという人もいます。そのような人のために現金払い以外にも、デビットカードやクレジットカードだけでなく、クリニックが契約している医療ローンによる支払いやビットコインでの支払いまであります。医療ローンは毎月3000円以上の支払いであれば最大84回まで分割できるので、学生や若い社会人など経済的にあまり余裕のない人も安心です。

Copyright© 2018 クリニックで二重まぶたを手に入れる【一重を解消するなら】 All Rights Reserved.