サイトメニュー

目的に合った手術を選ぶ

目元に触れる女性

切るか切らないかの決断

二重整形は美容整形の中でもかなりの人気がありますが、実際に手術を受ける際には切るか切らないかを自分で判断しなければいけません。美容整形の中でも手軽にできる手術の印象が強いですが、それは埋没法と呼ばれる切らないやり方であって、切開法の場合は慎重になる必要があります。埋没法は糸で縫う手術で、その気になれば朝に受けて式典などに参加し、夕方に抜糸して元の戻すことも可能となっているのです。こういった短期間だけ二重にしたいのであれば選ぶべきは埋没法であり、切開法という切る手術を行う必要性は薄いといえます。その反面、ずっと二重の状態を維持したいのであれば切開法を選ぶべきですが、いきなり切る手術をするべきではありません。しっかりした病院であれば必ず最初に埋没法を行い、仕上がりを確認してから後日切開法を受けるという流れになっています。このことをしっかり認識して整形手術を受けなければ、本来低いはずのリスクがとても高くなってしまうので気を付けましょう。埋没法も昔は痛みや腫れがひどいとされてきましたが、今は髪の毛よりも細く体に優しい糸を使うため、非常に受けやすい手術となりました。ただ二重にしたいと漫然と考えず、自分がどういう風に仕上げていきたいのかをよく考えていけば、必ずいい見栄えの目にすることができるでしょう。美容整形は小顔矯正やいぼとほくろの除去など多岐にわたりますが、その中でも二重整形は目的に合わせて手術内容を変えることができます。埋没法はその日のうちに抜糸までできるやり方ですが、しっかりと縫い合わせておけば意外なほど長く持たせることも十分可能です。それなりに長い期間二重にしたいという場合でも、医師とよく話し合ってみると埋没法で十分だといわれることもあります。二重整形手術を受ける際にはこの医師と話あうカウンセリングがとても大切であり、うまく行えばコストと治療期間もかなり少なく抑えることが可能です。かかるコストを抑えることは重要であり、場合によっては行う施術をシンプルなものにすることで体にかかる負担も軽減することができます。メイクと合わせることも想定すれば使用する糸の長さも短くなり、低い費用で瞼をより美しい見栄えにすることも十分にできるのです。こういったことをしないでただ二重にしようと考えると、安く抑えることはできても満足いく結果を手に入れることはできないでしょう。目の手術はあまりなじみがないこともあって慌ててしまいがちですが、制限時間というものがないのでじっくりと取り組むことが重要です。整形外科の医師とよく話し合いながら手術の内容を決めていくことで、リスクを負うことなく二重にしていくことができるようになります。

Copyright© 2018 クリニックで二重まぶたを手に入れる【一重を解消するなら】 All Rights Reserved.