サイトメニュー

目元

目元の印象を変えたい

二重まぶたに整形することによって、印象を変えたいと考える人は少なくないようです。カウンセリングを重ねて手術を受けると決めたら、手術申込書の記入と認印を持参の上で料金を支払います。支払いは現金払い以外にも、医療ローンなど選択肢が沢山あります。

詳しく見る

目元に触れる女性

目的に合った手術を選ぶ

整形手術の中でも二重整形は人気がありますが、切る切開法か、切らない埋没法のどちらがいいのか判断しなくてはいけません。基本的には最初に受けるべきは埋没法なので、慌てずじっくりと二重整形を進めていくことが失敗しないコツです。

詳しく見る

顔に触れる女性

理想の目を作る方法

外見のパーツにコンプレックスを感じているのならば美容外科を利用するという方法が有効です。特に目元の場合は二重のラインを形成するだけでも見た目の印象がかなり変わります。まずはカウンセリングを受けることから始めてみましょう。

詳しく見る

男性医師

最も定番化した美容整形

二重整形は費用が安く、痛みや腫れも軽い為、美容整形の中では定番化した人気メニューです。クリニックや地域によって種類や施術方法がたくさんあります。DT(ダウンタイム期間)も短く、バレにくいので気軽に行うことが出来ます。

詳しく見る

腫れにくいのは挙筋法

看護師

過剰な表現に気をつけて

一重の人が切に願う二重まぶたは、アイテープなどでも作れます。しかし、続けて使用しているうちにまぶたがかぶれてしまうといったトラブルが後を絶ちません。根本的に一重を解消するなら、二重整形が有効です。そのうち、埋没法はメスを入れない手軽な手術として知られていますが、ダウンタイムがないわけではありません。ダウンタイムの有無は、糸を留める位置が影響すると言われています。留める位置が瞼板の場合を瞼板法、挙筋挙腱膜の場合は挙筋法となり、前者は美容外科医が始めて練習するという簡単な術法です。後者の術法は若干難易度が高くなるのですが、腫れや術後痛みが少ないです。しかし、糸で留める術法ですから、取れない保証はどこにもありません。永久的効果を狙うなら、切開法が適当です。切開法にはまぶた全体に切り込みを入れる全切開法と、まぶたの中央及び両端に切り込みを入れる部分切開法があります。まぶたには意外と脂肪が多く、これが一重を作る要因の一つになっています。切開時に脂肪を取り除けるため、すっきりした目元に整えることが可能です。加齢によってまぶたがたるんでいる場合も余剰皮膚を切り取れるので、年齢を重ねた人にも人気の手術です。腫れは個人差があるものの、ほとんど気にならなかったという人も少なくありません。埋没法でも挙筋法の方がメリットが大きいと前述しましたが、絶対ではありません。医師の中には瞼板法のデメリットを減らした方法を考案し、好んで行っている人もいますし、挙筋法の方がデメリットが大きいと考える医師もいます。単に費用だけを比較するのではなく、その医師が行う術法についてもしっかりと調べるのが賢明です。そして、症例数の多い医師に任せることも大切です。症例数はクリニック全体ではなく、担当医師の症例数を聞くのが妥当でしょう。埋没法は失敗したと感じても、糸を取れば元も戻せるという安心感があります。でもその反面、取れてしまうのが心配という人も多いです。2点留め以上の手術を受けた場合は1年以上の保証が付いていることが珍しくなく、留める箇所が多いほど保証期間が長い傾向にあります。ですから、二重整形手術でクリニックを選ぶときは、保証についてもチェックするといいのではないでしょうか。中には永久保証が付けられるクリニックもあります。近年、医療法改正により、広告に関する規制が非常に厳しくなりました。絶対取れない、スーパー埋没法、完全といった表現は不適切となり違反に入るため、二重整形の効果を大げさに表現しているクリニックを選ぶのは避けた方が適当です。

Copyright© 2018 クリニックで二重まぶたを手に入れる【一重を解消するなら】 All Rights Reserved.